つい数日前、久しぶりに本屋さんで立ち読みをしていて偶然シンプルに、

深く感動した詩に出会いましたのでご紹介したいと思います。

 

カソリック協会の神父さんの書いた宗教くさくない、しかし心に沁みる詩です。

何らかの障がいを持っておられる方にも、病気と向き合い副作用と闘っておられる方にも

ぜひ出会ってもらいたいです。

 

「病気になったら」 晴佐久昌英

病気になったら、どんどん泣こう。

痛くて眠れないといって泣き、

手術がこわいといって涙ぐみ、

死にたくないといって、めそめそしてしまう。

恥も外聞もいらない。

いつものやせ我慢やみえっぱりをすて、

かっこわるく涙をこぼそう。

またとないチャンスをもらったのだ。

自分の弱さと、思い上がりを知るチャンスを。

 

病気になったら、思い切り甘えよう。

あれが食べたいといい、

こうしてほしいと頼み、

もう少しそばにいてとお願いしよう。

遠慮も気づかいもいらない。

正直に、わがままに自分をさらけだし、

赤ん坊のように甘えよう。

またとないチャンスをもらったのだ。

人の情けと、まごころに触れるチャンスを。

 

病気になったら、必ず治ると信じよう。

原因が分からずに長引いたとしても、

治療法がなくて悪化したとしても、

現代医学では治らないといわれたとしても、

あきらめずに道をさがし続けよう。

奇跡的に回復した人はいくらでもいる。

できるかぎりのことをして、信じて待とう。

信じて待つ喜びを生きるチャンスを。

 

そしていつか、病気が治っても治らなくても、

みんなみんな、流した涙の分だけ優しくなり、

甘えとわがままを受け入れて自由になり、

感動と感謝によって大きくなり、

友達に囲まれて豊かになり、

信じ続けて強くなり、

自分は大切な命を生きていると知るだろう。

病気になったら、またとないチャンス到来

病のときは恵みのとき。

 

 

病気になると早く治そうと、そのことばかりを考え必死になります。

「痛い」「幸い」なんて言ったらいけないと思い、ぐっと我慢してしまいます。

するともっと辛くなります。

世間では、病気はマイナスばかりと考える人が多いものです。

しかし、病気や障がいが与えられたらそれはチャンスでもあるのですね。

元気だと日々の生活に忙しく、立ち止まって色々なことを深く考える暇もありません。

病気や障がいが人間に深い心や本当の思いやりを育てる機会にもなるのですから。

 

小枝を揺らす風に秋の訪れを感じるようになりました。

先日、小生が非常勤講師をしている大学のキャンパスにそびえ立っているイチョウの下で

銀杏が何個か落ちているのを見掛けました。

自然界は確実にスタンスを秋に変えています。

 

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 豊