今回のCBTは新元号の「令和」にちなんだお話しでした。

 

「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして

気淑(きよ)く 風(かぜ)和(やわ)らぎ

梅(うめ)は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き

蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」

 

~春の初めの良い月に

さわやかな風が柔らかく吹いている

その中で梅の花が、美しい女性が鏡の前でおしろいをつけているかのように

白く美しく咲き

宴席は高貴な人が身につける 香り袋の香りのように薫っている

 

「令和」には

人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていく

という思いが込められているとのことです。

 

CBT

 

すずかぜの仲間同士も、相手にいたわりの心を持ち

寄せ合っていくことの大切さを学びしました。