就労移行支援施設すずかぜ

葛飾区 足立区 墨田区 荒川区 台東区 文京区の就労移行支援

めぐみのTOP

(葛飾区 亀有)03-6231-2055

受付時間:平日・土曜 9:00~18:00

未分類 (page 2 of 2)

豊かな言葉⑮「悲しさこそが美しい」

日本が高度成長期を迎えようとしていた近年まで、出産時の酸欠状態が原因で何らかの障がいを負って生まれて来る赤ちゃんが少なくありませんでした。

そして、その一人が 土屋康文君 でした。

 

康文君が通う養護学校の担任であった 向野幾世先生 は、康文君の中に「健常者と呼ばれている人が、見えない、感じる事のできないものを持っている」と感じ、

康文君に詩を書かせてみるようにお母さんに勧めました。

そしていくつかの詩を発表しました。

何年か前のこと、私はあるほんの中で、強烈な印象を与える詩との出会いを経験しました。

今なお心の中に行き続けている感動とともに、私の心に焼き付いて離れません。

それは、重度の脳性マヒで、しかも短い15年の生涯を送った土屋康文君とお母さんの詩でした。

私たちが文章を書くのとは違い、身体の自由が利かない康文君が言葉を選ぶにも、その言葉を構成している字を五十音図の中から一つ一つウィンクのサインを出しながら、

字の書ける人に示していきます。

こうして出来たのが、次の詩でした。

 

<お母さん、ぼくが生まれてきてごめんなさい>

ごめんなさいね おかあさん

ごめんなさいね おかあさん

ぼくが生まれて ごめんなさい

ぼくを背負う かあさんの

細いうなじに ぼくはいう

 

ぼくさえ生まれなかったら かあさんのしらがもなかったろうね

大きくなった このぼくを背負って歩く悲しさも、「かたわの子だね」とふりかえるつめたい視線にも泣くことも

ぼくさえ生まれなったたら かあさんのしらがもなかったろうね

大きくなった このぼくを背負って歩くかなしさも

「かたわの子だね」とふりかえるつめたい視線に泣くことも

ぼくさえ生まれなかったら

この母を思いやる切ないまでの美しい心に対して、母親の信子さんも詩を作りました。

 

わたしの息子よ ゆるしてね

わたしの息子よ ゆるしてね

このかあさんを ゆるしておくれ

お前が脳性マヒと知ったとき

ああ ごめんなさいと泣きました

いつまでたっても歩けないお前を背負って歩くとき

肩にくいこむ重さより「歩きたかろうね」と母心

”重くはない”と聞いているあなたの心がせつなくて

 

わたしの息子よ ありがとう

ありがとう 息子よ

あなたのすがたを見守って お母さんは生きていく

悲しいまでのがんばりと

人をいたわるほほえみのその笑顔で生きている

脳性マヒのわが息子

そこにあなたがいるかぎり

 

このお母さんの心を受け止めるようにして、康文君は、先に作った詩に続く詩を作りました。

 

ありがとう おかあさん

ありがとう おかあさん

おかあさんがいるかぎり ぼくは生きていくのです

脳性マヒを生きていく

やさしさこそが大切で

悲しさこそが美しい

そんな人の生き方を教えてくれたおかあさん

おかあさん あなたがそこにいるかぎり

 

出生時に、康文君はあまりに重たい障がいを負わされた命でした。

親子でそんな人生と向かい合わざるを得なかった中から、脳性マヒを知った時、この先どうしようと考え絶望的になっても不思議ではありません。

しかし、この母親は違いました。

”ありがとう 息子よ

あなたのすがたを見守ってお母さんは生きていく

脳性マヒのわが息子 そこにあなたがいるかぎり”

と言って、康文君を覚悟をもって正面から受け止めています。

お母さんの並々ならぬ”受け止め方”はどんなにか康文君を安堵させた事でしょう。

それに応えて康文君は続けます。

”ありがとう おかあさん

おかあさんがいるかぎり ぼくは生きていくのです

脳性マヒで生きていく”

と返しています。

お母さんの覚悟で、康文君も自分の障がいをしっかり受け止めている事を詩の中に読み取ることができます。

更に、

“やさしさこそが大切で

悲しさこそが美しい

そんな人の生き方を教えてくれたおかあさん”

と続けています。

 

「悲しさこそが美しい」という感性は、様々な深い経験をした大人でもなかなか出てこない言葉です。

川端康成は「美しさと哀しみと」の著作の中で

「悲しいを美しいと思う感覚で捉えうる人はあまりいない」

と書いています。

 

あなたの家庭はどんな人間関係でしょうか?

包み込む愛で満ちているでしょうか?

障がい者福祉の働きは、真に悲しさと美しさが交差する深いい場所のような気がします。

そんな場所に身を置くことの幸せを日々感じています。

 

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊かな言葉⑭「だいじょうぶだよ!」

 

つい数日前、久しぶりに本屋さんで立ち読みをしていて偶然シンプルに、

深く感動した詩に出会いましたのでご紹介したいと思います。

 

カソリック協会の神父さんの書いた宗教くさくない、しかし心に沁みる詩です。

何らかの障がいを持っておられる方にも、病気と向き合い副作用と闘っておられる方にも

ぜひ出会ってもらいたいです。

 

「病気になったら」 晴佐久昌英

病気になったら、どんどん泣こう。

痛くて眠れないといって泣き、

手術がこわいといって涙ぐみ、

死にたくないといって、めそめそしてしまう。

恥も外聞もいらない。

いつものやせ我慢やみえっぱりをすて、

かっこわるく涙をこぼそう。

またとないチャンスをもらったのだ。

自分の弱さと、思い上がりを知るチャンスを。

 

病気になったら、思い切り甘えよう。

あれが食べたいといい、

こうしてほしいと頼み、

もう少しそばにいてとお願いしよう。

遠慮も気づかいもいらない。

正直に、わがままに自分をさらけだし、

赤ん坊のように甘えよう。

またとないチャンスをもらったのだ。

人の情けと、まごころに触れるチャンスを。

 

病気になったら、必ず治ると信じよう。

原因が分からずに長引いたとしても、

治療法がなくて悪化したとしても、

現代医学では治らないといわれたとしても、

あきらめずに道をさがし続けよう。

奇跡的に回復した人はいくらでもいる。

できるかぎりのことをして、信じて待とう。

信じて待つ喜びを生きるチャンスを。

 

そしていつか、病気が治っても治らなくても、

みんなみんな、流した涙の分だけ優しくなり、

甘えとわがままを受け入れて自由になり、

感動と感謝によって大きくなり、

友達に囲まれて豊かになり、

信じ続けて強くなり、

自分は大切な命を生きていると知るだろう。

病気になったら、またとないチャンス到来

病のときは恵みのとき。

 

 

病気になると早く治そうと、そのことばかりを考え必死になります。

「痛い」「幸い」なんて言ったらいけないと思い、ぐっと我慢してしまいます。

するともっと辛くなります。

世間では、病気はマイナスばかりと考える人が多いものです。

しかし、病気や障がいが与えられたらそれはチャンスでもあるのですね。

元気だと日々の生活に忙しく、立ち止まって色々なことを深く考える暇もありません。

病気や障がいが人間に深い心や本当の思いやりを育てる機会にもなるのですから。

 

小枝を揺らす風に秋の訪れを感じるようになりました。

先日、小生が非常勤講師をしている大学のキャンパスにそびえ立っているイチョウの下で

銀杏が何個か落ちているのを見掛けました。

自然界は確実にスタンスを秋に変えています。

 

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 豊

 

 

 

 

 

豊かな言葉⑪「西日本災害に思う」

日本列島は連日 酷暑が続き、毎日のように熱中症で病院に搬送される人が後を断ちません。

また、先の集中豪雨は家屋や田畑への甚大な浸水被害、土石流や河川の氾濫による平成最大の人的被害を引き起こし、今なお五千人前後の方々が避難所での生活を余儀なくされている状態です。

 

先日、新聞の投稿欄にこんな記事がありました。

「人には瓦礫の山に見え、泥まみれになっていても、被災者には家族の喜怒哀楽がつまっています」

早急な復興を願い、亡くなられた方々のご冥福を心より祈るものです。

 

そんな中、テレビ放映で流れていた被災者の方々のインタビューの言葉に光を見る事もありました。

“自然災害じゃけん。起きてしまった事は仕方ないけー、前を向いて歩かにゃー。”

と、広島弁での受け答えに複雑な思いになりました。

 

「過去にこだわり、自分だけがどうしてこんな目に遭わなければならないのかと嘆くことをやめ、前向きに生きて行きなさい。

そうすれば、どんなに辛く苦しくとも希望と勇気がわいてきます。」

 

耳が聞こえない、口が利けない、目が見えないという三重苦であったヘレン・ケラー女史の言葉です。

 

病や障がい、家族の問題や仕事上のトラブルや迷いなど、人生の途上には様々な重荷があります。

思い通りに行かない現実の中で、

「どうして私ばかりがこんな目に 」

と嘆くことが少なくありません。

ヘレン・ケラーはこう続けます。

「あなたの顔を日光に向けよ。

そうすれば、あなたは影を見ることが出来なくなる。」

と。

三重苦という重い障がいを抱えて生き、多くの人々に光を与え続けた女史の言葉には重みがあります。

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 

ビジネスマナー「模擬面接」

本日は金曜日なので午後の時間にビジネスマナーを行ないました!

内容は模擬面接です!

利用者のKさんが合同面接会に備えて、今まですずかぜの中で面接練習に一生懸命に取り組んでいました。

その成果を他の利用者の方々に見ていただき、アドバイスや応援の言葉を貰い、ご本人に自信をつけて頂きたく、今回は皆様のビジネスマナーの時間を使いましてご協力して頂きました!

面接練習を始めた頃のKさんは、初めての社会人に近づく大きな取り組みだったので非常に不安な様子でしたが、今となっては皆様からの評価やアドバイス、応援を頂き自信を持てるようになってきたかと思います。

職員も皆嬉しい限りです! Kさん、合同面接本番頑張ってきて下さいね!そして本日は皆様ありがとうございました!

指導員 小岩

 

 

毎週水曜日は図書館学習!

本日は水曜日なので、午前中に図書館に行きました!

図書館学習では、公共の施設をマナーを守って使用する訓練、集中力を持続させて作業を行う為の訓練としての目的があります。

本日も皆さん集中し決められた時間の中で、自分の選んだ本や新聞の記事を読んで、読書感想文を書いていました。

図書館からすずかぜに戻った後は、図書館の中で書いた読書感想文を発表して頂きました。

皆さん、それぞれ好みによって色々なジャンルの内容の発表なので毎週楽しみにしております!

今後も図書館学習での目的を心掛けて、意識を高めて参加していきましょう!

指導員 小岩

 

 

Newer posts