就労移行支援施設すずかぜ

葛飾区 足立区 墨田区 荒川区 台東区 文京区の就労移行支援

めぐみのTOP

(葛飾区 亀有)03-6231-2055

受付時間:平日・土曜 9:00~18:00

活動日誌 (page 1 of 6)

豊かな言葉No.26「渋谷選手の勝利に思う~アンガーマネジメント」

渋谷日向子(しぶやひなこ)さんの名を初めて知りました。

「20歳 渋谷メジャーV日本勢42年ぶり」

が新聞の見出しです。

彼女は、昨夏に2度目の挑戦でプロゴルファーに合格したばかりの選手。

今回の試合は、今季 メジャー最終戦のAIG全米女子オープン。

 

渋谷選手は、どんなピンチ時も絶やさぬ笑顔から「スマイルシンデレラ」という愛称が付けられたとのこと。

怒りやイライラを顔に出すと「ボギー(一打のオーバー)につながる」と気づき、笑顔を忘れない。

試合以上に、渋谷選手を見ているほうが楽しい気分にさせられます。

 

さて、古代の哲学者が

「怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める者は城を攻め取る者にまさる」

と言いました。

以前にも触れましたが、人間の持つ感情の中で、怒りやイライラの感情は制することが難しいと言われているひとつです。

これを制することは政治の世界では勿論ですが、スポーツの世界でも大切なものとして最近言われるようになってきています。

野球を始め様々なスボーツ選手がこの感情と向き合うようになっています。

「アンガーマネジメント」という 第三世代の療法を多くの一流選手たちが取り組んでいます。

特にサッカーのようなスボーツでは、90分間の試合の中で自分の中で沸き出てくるイライラや怒りを、どのくらい制することができるか、技術以上に大切に考えられるようになっています。

先程のゴルフもまた、メンタルの強さが勝利者になる必要条件だと言われています。

渋谷選手は優勝後のインタビューの中で

「試合中 何度も気持ちが折れそうになりましたが、その度にスマイル(笑顔)で、なんとか切り抜けることが出来た」と述懐していたのが印象的でした。

 

このマインドフルネスは、日頃の自分達の日常生活の中にも取り入れていきたいものですね。

就労移行支援施設すずかぜ

講師 大城 豊

豊かな言葉No.25 「勝利(ある婦人の日記から)」

あるご婦人が自分の日記を整理しました。

『こんな人生なら一層のことすべてを投げ出して、誰も知らない所で新しい人生をスタートした方がよっぽどましだ』と考えて

その前に自分の過去の嫌だったり苦しんだりしたことを書き出していたのです。

それを読んだ教会の牧師さんはそのまとめられた文章に「勝利」というタイトルをつけてご婦人に渡しました。

 

「勝利」  作者:不詳

あなたが人に忘れ去られたり、おろそかにされたり、あるいは故意に無視されたりしても、

自分がはずかしめられたことを見落とされたことを心にほほえむことができる時、

それが勝利である。

あなたの良い点も非難され、希望はさまたげられ、

あなたの趣味は悪く言われ、あなたの助言は無視され、

あなたの意見は嘲笑されても、忍耐強く愛の沈黙を守りすべてに耐える時、

それが勝利である。

あなたが食物にも衣服にも気候にも社会にもどんな孤独にも、人のどんな妨害にも甘んじる時、

それが勝利である。

あなたがどんな不調和 不規則 時間を守らないこと、

また気にさわるどんなことにも忍耐ができる時、

それが勝利である。

あなたが会話の中で自分のことを話そうと思わず、

自分の善行について書いたり人の賞賛を求めたくなる気持ちがなくなり、

あなたが世に知られない人であることを本当に愛することができる時、

これが勝利である。

 

様々な人生の不条理を乗り越えるヒントになりますように。

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 豊

 

 

キューピーがいっぱい❗

先日のバリ切り作業から

今はキューピー人形の組立て作業をしています❗

DSC_0630

並べるととっても可愛い❤

でも、たくさん箱に投げ込まれると…(^^;

DSC_0632

中には、こんな可愛くない子もいたりします(>_<)

DSC_0629

ちょっと不気味な写真で、

ごめんなさいm(__)m

 

 

 

 

 

こんな作業を頑張ってます❗part2

もう一方の利用者さんたちは

子供たちの教材作りをしています。

教材のセット組で、

1枚1枚優しく

枚数を間違えないように丁寧に

扱っています。

この教材が子供たちの手に届くことを想像しながら…

DSC_0622

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな作業を頑張ってます❗

キューピー人形の製作のひとつとして

バリ切り作業をしています。

可愛いキューピー人形も首なしだとちょっと怖いですね(^^;

DSC_0620

コロコロ大作戦!

tn

このような変わったスーパーボールを使った教材をセットするお仕事をに携わっています。

色とりどりのボール一個一個に傷がないか、利用者さんの目は真剣です。

豊かな言葉No.24「言葉の妙」

古代では、

<ことばに宿ると信じられた霊力がある>

<発せられたことばには内容どおりの状態を実現する力がある>

と信じられていたようです。

また、万葉集に

「しき島の やまとの国に言霊(ことだま)の たすくる国ぞ まさしくありこそ」

とあるように、

ことばには霊が宿っており、その霊の持つ力が実現すると日本人は考えていたのです。

 

先日、ある新聞にこんな興味深い内容の記事がありました。

 

【あなたなら、どちらの言葉が心に響くだろうか?】

A, 『ウソをつかないで』

B, 『ウソつきにならないで』

心理学の実験をしたところ、Aはウソが減る効果がほとんどなかったが、

Bは激減したという。

行動より人格のことを言われたほうが身が引き締まるようだ。

『裏切らないで』より『裏切者にならないで』

『私の状況を理解して』より『私の良き理解者になって』

 

なるほどと思いました。

行動より人格を励ます言葉。

まさに「言葉の妙」に触れた気がします。

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 豊

 

 

 

5/27(月) 「睡眠について」

今日の大城先生の講義は

「あなたは何のためにすずかぜに通っていますか?」

「毎日の睡眠について」

でした。

利用者さんが毎日 元気にすずかぜに通えるように、睡眠の取り方の見直しをしました。

DSC_0614

豊かな言葉No.23「あなたは喜ぶために生まれてきた」

元号が「令和」に変わって、何か新年を迎えたような気持ちでいますが、

皆様はいかがお感じでいらっしゃいますでしょうか?

 

サラ・ヤングという著名な学者が書いた「わたしはいつもあなたとともに」の本の中に

「あなたは喜ぶために生まれてきた」

という言葉があります。

これが本当だとしたら ‘‘生きる’’ことはとても素晴らしいことですね。

 

「わたしは亡くなった友のために生きると決めました。」

5年前、韓国で大きな海難事故がありましたよね。

セウォル号の事故で救助された数少ない生存者のひとり チャン・エジンさん(当時高校2年生)の言葉です。

この5年間、彼女は自分だけが助かったことの苦しみを抱えて生きてきたそうですが、

時が経ち、今は救急救命士になるための学びをしているそうです。

 

当事者でない私に言うことが許されるなら、彼女の言葉を聞いて思うことは

「どのような経験も喜びに向けてはじめて意味を持つ」

ということです。

福祉の仕事をしていつも思うことがあります。

「なぜ この子がこんな境遇に生まれてきたのか」です。

誰一人として、不幸になるためにこの世に生まれてきた人はいないはずです。

福祉事業に従事する者は考えるのです。

「福祉は人々を幸せに、喜びに導くためにある」

これが根底にあって頑張れるのです。

 

福祉の第一人者であられる阿部志郎先生が、著書の中で

「福祉は平和に向かってはじめて意味を持つ」

と語られていたのを思い出します。

一人でも多くの障がい者の方が喜ぶために・・・

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 豊

豊かな言葉No.22「アンガーマネジメント」

「イライラする子供たち」をテーマにした新聞の記事に、次のようなアンケート結果が載っていました。

 

学校生活の中でイライラした子供が多いと感じますか?

イライラした子供はいないと感じた 4.1%

イライラした子供は多いと感じた 40.5%

イライラした子供はいるが、多いとは感じていない 55.3%

(四捨五入のため100%にはならない)

小中学校で担任を持っていた先生 412人を対象にしたアンケート結果です。

 

この結果によると、実に95.8%の子供たちが何らかのイライラ感を抱いて学校生活を送っているようです。

似たような結果は大人の社会でもあると推察されます。

 

我が国では、政府主導で急速に多様化を進めようとしています。

多様化の中味とは、性別・年齢・国籍などに関係なく、様々な人が活躍できる社会のことです。

社会として多様化が進むことは、多くの人に優しくなるということなのでとても歓迎できることなのですが、

一方、多くの人が無意識のうちにその変化についていくのが難しいと感じているのではないでしょうか?

 

これまでの日本は良くも悪くも多くの人が共有できる社会としての共通の価値観がありました。

例えば、働くということで言えば、終身雇用・年功序列などがその典型でしょう。

ところが今は、働き方改革という号令の下に、

どのように働いてもいい、自分の価値観や都合で好きに働こうと

真逆とも言えるような働き方が許されるような状況が勧められています。

自分の隣には、自分とは違う価値観、違う文化的背景の人が働いているのが当たり前になるということです。

 

怒りの感情は簡単に言ってしまえば、自分と価値観の違う場面に出合った時に生まれます。

社会で多様化が進むということは、自分と違う価値観に出合う場面が増えるということです。

 

アンガーマネジメントがができるようになると、自分と違う価値観、様々な価値観に対して寛容度が上がり、

それらを受け入れることが容易にできるようになります。

そうなれば、職場にコミュニティーが、

あるいは施設等々い自分とは違う価値観の人がいたとしても受け入れることができ、

その人たちと仲良く、居心地よく一緒にいられるようになります。

誰だって、自分の側にいる人と仲良く過ごしたいと思っているでしょう。

 

一流のスポーツ選手の間にも、良い成績を残すため アンガーマネジメントを取り入れている人が増えていると聞きます。

アンガーマネジメントは私たちの取り組むべき喫緊の課題と言えます。

怒りは高いほうから低いほうへと流れやすいのが特徴です。

自分の中で沸き起こる怒りの連鎖を断ち切るためにも、

多くの人に「アンガーマネジメント」を学んでほしいと思っています。

就労移行支援施設すずかぜ

施設長・講師 大城 豊

 

 

 

 

Older posts